いつ建ててもよいお墓ブログ:2016/12/03


今まで順調に育っていた6ヶ月になる女の子が
突然全く母乳を飲んでくれなくなったのは、
去年のお正月のことでした。

おっぱいを吸うどころか
「ギャーギャー」とかんしゃくを起こした様に泣き出し、
そんな日がふつかも続いていました。

お正月という事もあり、
かかりつけの産院も開いておらず、
知り合いの紹介で藁にもすがる思いで
車を一時間走らせ、助産院に行く事になりました。

行ってみてびっくり、
その助産院の助産婦さんは、
八十八歳のおばあちゃんだったのです。

泣き叫ぶ女の子を俺の隣りに寝かせ、
母乳マッサージをしながら、
ゆっくりとした口調で俺に話しかけてきました。

「この子は何でこんなに泣いているのかわかるかえ?」
「たぶん、ウエストがすいているのだと思うのですが…」
「あんた、ふつか前、ご飯何食べた?」
「えっ、ご飯ですか?」

変な質問するなぁ…と、
俺は疑問に思いましたが、助産婦さんは続けました。

「母乳はな、血液なんよ。
だから、ママが食べた物がエネルギーになり血になるんや、
それが母乳になり、赤ちゃんのご飯になるんよ。
ママがみかんを食べ過ぎれば、オレンジ色の母乳が出るし、
カレーを食べれば、カレー味のまずい母乳になるんよ。
赤ちゃんは、おいしい、おいしくないが分かっているんよ」

その言葉に、俺は全身が凍りつきました。
確かに俺はふつか前カレーを食べていたのです。

まさか、たった一度のご飯で
ふつか間も女の子を苦しめていたなんて…

母乳マッサージを終え、
泣き叫ぶ女の子を抱き母乳を飲ませました。

あんなに嫌がっていたのに、
俺の目を見ながら、
女の子はウエストがぱんぱんになる位おっぱいを吸い、
すぐにすやすや眠り始めたのです。

社内不倫の案内
http://affair-divination.com/company/

フコイダン
http://lmf-assoc.jp/

注文住宅 大阪のコツ
http://www.aqura-osaka.jp/

森塾ナビ
http://kyoikunavi.com/school/617