ここでは寿陵の増加についてご案内しています。
都市部では墓地不足が深刻

都市部では墓地不足が深刻


都市部では墓地不足が深刻
このサイトをご覧になっているということは、やはりお墓探しに役立てたいと思っていることでしょう。
お墓探しと聞くと難しいイメージがあるかと思いますが、覚えてしまえばきっと理想的なお墓を出会うことが出来るのです。 最近では都市部の墓地には、寿陵が非常に増えてきました。
従来までは墓地に占める割合は5%前後だったのですが、最近では全体の数十%にも及んでいるところもあります。お墓不足が深刻となっている東京などの都市部におきましては、早めにお墓を確保する人が多いことで寿陵がよく見られます。
これまでの日本というのは墓地がきちんと確保されており、お墓を建てることも簡単だったのですが今では変わってきているのです。

お墓を建てることによって子どもたちに負担をかけたくない人や早めに建てておこうという人などが多くなってきています。
そのような場合におきましては墓碑銘を赤く塗って、寿陵を建てることが一般的となります。




都市部では墓地不足が深刻ブログ:2017/8/20

僕は歳を重ねるにつれ、
飽食するということはなくなったように思う。

適度に空腹感を感じれば、
ライスやパン、野菜等を適度にミックスし、
栄養バランスを考えた食事メニューを頂いている。

若い頃のように、
ガツガツと肉食主体の食事を飽食するということはない。
年齢による基礎代謝量の減少が、
食事内容を変化させているのではないかと思う。

ところで
仏教は「気づきの宗教である」と、尼僧の青山俊董師は語っている。
師によれば、存在のすべては「もとより仏」であると言う。

だから、料理するときの水一滴、米一粒、菜っ葉一枚、鍋釜等を
わが命として大切に扱っていく必要があると言うのである。

自分の半生を振り返ってみると、
毎日、三度三度の食事をただ淡々と食べては、
それが当たり前のように過ごし、
食事を感謝するということが、ほとんどなかったように思う。

食べ物は世界中から輸入され、
日本人ほど世界の多様な食物に恵まれている国民は稀ではないかと思う。

昨今、食料自給率の低下が問題となっており、
世界に異変が起これば、僕たちは直ちに飢餓に悩まされることになる。

「こんな日本でいいのか!」
「誰がこんな日本にした!」と叫びたくもなるが、
これとて天に唾するようなもので、
僕たちの消費行動が、この日本の現実を作り出したのである。

今こそ、青山師の説かれるように「気づき」の時ではないかと思う。

かつての日本人は、食べ物はもちろんのこと、
物を大切にし「もったいない」という心を
DNAに持っていたはずである。

毎日の食事に感謝の気持ちを込めて、
ライスの一粒一粒を大切にいただく心を忘れずに、
後半生を過ごしたいと願っている。

嗚呼,気分爽快
都市部では墓地不足が深刻

都市部では墓地不足が深刻

★メニュー

「使用権」を取得することを意味する
当然価格が異なる使用する区画の面積
いつ建ててもよいお墓
都市部では墓地不足が深刻
墓石がまだで墓地だけ手に入れている場合
「使用規定」がある公営・民営
墓地や埋葬等に関する法律を覚えておこう
民営に比べて安い永代使用料や管理料
誰にでも申し込むことが出来るお墓
お墓の宣伝やチラシの注意事項


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)貴方にとって理想的なお墓がきっと見つかる