都市部では墓地不足が深刻ブログ:2017/4/26


僕は、小さい頃、
よく寝ボケて珍事を繰り返したらしい。

らしいというのは、寝ている間は、
全く無意識というか、まさしく夢見心地なので、
僕自身はよくわからない。

その頃のことで、
僕がなぜか覚えているのは、
空を飛ぶ夢を見て「あっ、不時着だ」と思った瞬間、
ベッドから落ちていたり、
「火事だ!」と思ったとたん、おねしょをしたり…

そんな僕であるが、
一度もお母さんからイヤな顔をされたことがない。

それは、もう一人、
家に寝ボケの大御所がいたからである。
そう、寝言の王様、父が君臨していたのだ。

父は、新聞記者という仕事がら、
夜討ち朝駆けの生活で、
いつ帰宅して寝ているのかわからないどころか、
夕方食など一緒に食べたことがなかった。

たまに朝方、学校へ行くときに、
前の夜にはいなかったはずの父の寝姿を見ると
ほっと安心したものである。

しかしながら、みごとな寝言であった。
九割がた、部下への叱咤激励であり、
寝言とは思えないほど、リアル!

僕は、よく面白がって
「ハイ、ハイ、それで?」とか相づちを打っていた。

そんな毎日の中で、
ある日、父の究極の寝ボケに遭遇した。

それは、父と久々に映画を見に行ったときのことであった。
忘れもしない、タイトルは「かぐや姫」。

家族サービスのつもりであろうが、
毎日の疲れからか、
最初から父は、すでに舟をこいでいた。

映画も後半になって、
かぐや姫を連れに月からの使いの者が
「おともの者が参りました」という名場面…

そこで、
寝ているはずの父が
「おう、今行く!」と答えたのである。

もちろん、
まわりの客は驚くとともに爆笑の嵐であった。

そのときの僕は…というと、
これがまた、人々に交り大笑いしていた。


ダイヤ免税店の情報
https://www.telnavi.jp/phone/0666451781

医師 転職
http://www.doctor-ranking.jp/